大晦日のティピー建設から三が日明けの解体までの巻


あけましておめでとうございます。



さて、昨年に引き続き元旦には親戚一同(ワイフ様のね )我が家にやって来て、遅ればせながらのクリスマスパーティー兼、お正月の集まりで賑わいました。


そもそも何故ティピーを建てたかと言いますと、昨年10月に三人がかりで建てたんですが、うまくいかず、

もうティピーはいいかな‥‥と思っていたのですが、


モチベーションが上がりまして♬


思い起こせば初めてティピーを建てたのは小川山
2012年の10月 フロントの処理がちょっとおかしい‥‥


張り方も全くわからないまま、小川山に持ち込んで現地から持ち主(そう、実はこのティピーはお借りしているものなんです。返す気無いけど )
に電話をかけて、どうやって建てるか聞いて、多分2時間くらいかけて建てたものです。





今回は本気っ!キャンプ

という特別な時だけ建ててきました。(建てない時は本気じゃないっ! )


今回ティピーの中で作ったものは、
修理上がりのコールマン502(65年3月製造)でタッカンマリ


ピザソースを作ってからの



長芋と水菜のピザ



BioLite ピザドームで焼くピザは裏も完璧ですな。



12インチのスキレットで揚げまくった串揚げ30本



珈琲焙煎もはじめてガソリンスタンドストーブでやってみた。


ティピーの最大のメリットはなんといっても、中で焚き火が出来ること

真ん中にストーブとテーブルがあるため、端っこでやってしまい、ティピーに火が移りそうでした‥‥気をつけなきゃです。



こちらはライティング。BioLite ベースランタンとサイトライトの組み合わせ。



いつもの出窓植物園をウッドデッキに移動してみた。美しい。



今度の成人式のお休みのまで、ティピーは張りっぱなしにしておこうと思っていたのですが、


あまりに風が強くて、畳んだ方がいいかなと。




でも、風が強い時にはぜーーーーーーーったいに
畳んだじゃダメですな。



下手したらガラスがバリバリでしたわ。



新年最初の学習であります。

本年もよろしくお願いいたします。





Keep Burning








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する