秋の味覚を満喫の巻




秋も深まってきました。


山を歩いてると、カサカサっと朴葉を踏みしめるそんな季節になりました。


むかーし、平湯温泉の旅館で食べた朴葉味噌、美味しかったな~~


朴葉で調理する、もともとの始まりは、山仕事に行ったお父さんが、焚き火端に座って、朴葉にのせて、おむすびを暖めてたら美味しかったみたいな。



10月号のガルヴィーにも載せてもらっちゃいました!



いつもはスノーピークのソリッドステークで鉄板を乗せてるんですが、重いので、木を削ってペグ代わりにしてみました。


木じゃ燃えるんじゃないか?って思うじゃないですか‥‥


燃えます。



途中で高さが変わってます。


アルミ箔で巻けば良かった。


次回は、男はサランラップじゃなくてアルミ箔を特集しますっ。





Keep Burning

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する