ワイフ様の十八番を作ってみたよの巻


じゃがいもをマッシュしてその上に野菜や肉、魚を乗せて、チーズを振りかけオーブンで焼く。


これ、シンプルにして美味く。絶対(?? )に失敗しない、調理法で、ワイフ様のチョー十八番です。



吾輩、ワイフ様の十八番には絶対に手出ししないのであります。


なぜかと言うと、オーバーthe ワイフ様をやってしまうから~~♬



ワイフ様の十八番を紹介すると

ナスの揚げ浸し(自慢の子鹿田焼き最高)



コロッケと倅様(コロッケはかつてトライして大爆発させてしまった )



後、春巻きくらいかな~~


で、今回何故、不可侵条約を破ったかと言うと、
大好きなシャドークィーンが手に入って、どうやったら美味しいかと考えて行き着いたのがこのメニューだったのです。




写真は3月初旬に植えて、6月に収穫した我が家のシャドークィーン。ちょっと小さめ。





今回購入した所はかつての同僚の嫁ぎ先??



熊FARM の夏の収穫案内にこのシャドークィーンがありまして、即注文いたしました!



デカイ!



梅雨明け後、ずーっと空気ジメジメ燃料もしっとりで火付けに大変苦労しましたが、出来栄えは完璧でした。



ついついハーブやスパイスで味付けを重ねてしまうところですが、今回は素材の味を生かすために塩と胡椒のみ。



それでもサーモンの塩気とチーズの塩気で味わい深いものになりました!



簡単絶品です。是非家庭用のオーブンでお試しくださいませ。




Keep Burning 




PS.
待ち時間に高山の和蝋燭と燭台が登場します。20年くらい前に買いました!


まんま最近のカメラ用スタビライザーを彷彿とさせます。凄いな高山!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する