いつかはやってみたかったハンバーガーを作ってみたよの巻


初めてハンバーガーを食べたのは、親父が骨折で入院してた頃なので、んん~~と。12歳のころかな?



完璧に憶えてる。マクドナルドと言うアメリカのハンバーガーショップが日本にオープンして、その何号店かが、名古屋にできていて、それを親父のお見舞いに行った時、


おじさんが買って来てくれたハンバーガー。


冷え切ってたからか、ぜんぜん美味しいと思わなかったな。(今となっては大好物です )



そー言えばあん時、初めてカップヌードルっていうのも食べた。



よく考えると、外食はたまにあったけど、ほぼ100パーセント家庭料理で。



買って来て食べるとか、ファーストフード的なものって無かったのか、おふくろ様が偉大だったのか?



今思えば、贅沢な話ですね。




さて、本題です。



ハンバーガーをいつかは作ろうとずーっと考えていました。



が、あまりに簡単だし。特に動画としても面白くないし。



と、ところが!


例によって

おちょこブログ さんより一言、


「ハンバーガーやるならバンズからやって欲しいなぁ~」


と、



「お、お前、 何を自由に発言してんねん??」



で、やってみました。



アウトドアでパンを焼く方法には、色々あって、基本さえ押さえてあれば、そんなには難しくないんだけれど、



もしパン焼きに失敗した場合。ハンバーガー用に買ったその他の具材はどーしたら良いのよ‥‥


と言うリスクがあります。



そして、全てBioLiteで完結したいと言うこだわり。

⤴︎ピザドーム。なんと温度計もついている。




実はパンはすでに一回焼いたことがあります。

真冬のピザ焼きの最後に。余った生地で焼いてみました。



⤴︎ここにパン生地を乗っけます。芝生綺麗やのー


前回焼いてみて若干端っこが焦げまして

コツとしては
部分焦げを無くす調整をしてやれば上手くいくのでは?


と、思い。蓋を5分に一回くらい回して、熱を逃がす穴の向きを変えてやってみたところ。

⤴︎⤴︎この穴ですね。


完璧に美味しいパンが焼けました!


パンさえ焼けてしまえば、後は具材を作って挟むだけなので簡単です。


強いて言うと、牛肉のみの挽肉が、意外にも手に入りにくくて、切り身を細かく切ったりすれば良いのですが、


手間がかかり過ぎるのなぁ~~と思い。




そこは、我が食材御用達店舗。

ソウテツROSENにはなんと。国産牛、挽肉、粗挽きと言う。願っても無い理想のハンバーグ肉が売ってまして!


ROSENって全てのお店が、


こんなに品揃えが良いのかはわかりませんが、この町田薬師台店に関していうと魚、肉、野菜、調味料。どれをとってもクオリティーが高くて、唯一パンを除いては。

お料理好きには最高な店舗っす。



6時過ぎに始めたので、パンが焼きあがった頃には暗くなって来ました。暑い時間帯にはできないしね。


後半のバーガー作りに関しては、ほとんど集中力がなくなって、動画撮影もテキトーな感じになっちゃってますが、

味は本物です。



美味しいパンを探してまた、やってみよー




Keep Burning



PS.

お気づきの方もいらっしゃりませんよね。

1個目のバーガー作成の時、まさかのバンズの頭を下にしてしまい。途中で気づいてその後具材を乗っけて、最後にバンズの下にケチャマヨをしてターンオーバーさせれば絵的にも良いかも。

と、思い直しギリギリで、作業してたのですが、ナイフでGoProを倒してしまったらしく。やる気の失せ切った自分が‥‥。


その後のターンオーバームービー撮れてないし。



8月20日、またやってしまった!今回はフライドポテトも作ったよー♬

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する