海までラン 梅雨明け万歳!海 手巻き寿司の巻

梅雨明けました!おめでとう!海まで約30キロ ランして、そのまま海に駆け込んで!からの手巻き寿司。amazonで3000円切って販売していた、ベアフットランニングシューズがなかなか具合良く。パタパタ音は少し恥ずかしいけど、芯で乗る感覚が非常にわかりやすいです。暑いのですが、走った時は結構あったかい 食べ物を口にしたくて、今日は軽々のチタンクッカーとチタンアルコールストーブを持参して、お味噌汁とお茶を淹れました。...

続きを読む

1hour cooking の巻

もこみちは凄い!あれだけの調理をしながら、しっかりトークもこなし。さらに美味しそう!これだけの本数のMovieを作っていても、いざ、喋ろうとすると、面白いくらい声が出ない。。なので、音は後入れです。途中でアスパラガスを茹でてます。アドリブでしたが、せいこうです。ジェットボイル ミニモは広口な上にトロ火ができるので、コトコト煮込み料理には最高です。4月前半の廻り目平キャンプ場。この調理の途中から降り始めた...

続きを読む

ハンモック ハイク & メスティン クッキングの巻

夜遅く山麓駅に到着し、20分程山を登りハンモックで寝て、翌日ハイキング。とにかく軽量を目指して、寝袋なし、ダウンジャケットあり、雨具あり、ストーブなしっ!!!では、調理はどうやったのか???以前にやったPEG & メスティン炊飯をリニューアルして、五徳作りからブッシュクラフトしてみました。調理に関しては完璧に成功してます。装備に関しては、ダウンジャケット着てても、あまりの寒さに震えがくる感じで、標高20...

続きを読む

サイクリング&海鮮丼の巻

海まで片道40キロ!走っていくこともあるけど、走った時の帰りは電車。自転車だと往復80キロなので、片道走ったほうが楽なのかも♬バイオライトがぴったり入る自転車バックを持っていたので、海にちなんで海鮮丼を作ってみました。米はロッキーカップで炊き、味噌汁はロッキーカップハーフパイントで作りレアレアな調理器具のお披露目です。海手前500メートルのスーパーで買い出ししたのですが、余裕で2000円超えちゃいました。ビデ...

続きを読む

ペグメソッドでapple pieの巻

BioLite campstove バイオライト キャンプストーブに乗せても良い重さは4キロ弱。そしてLodgeの旧コンボクッカーは鍋だけで6キロ弱。材料を入れれば軽く7キロ、8キロに‥‥そこで考えたのが、このペグを使う調理法、ペグ式(英語ではPeg method )スノーピークのソリッドステーク40センチ3本を使うと、ダッチオーブンは乗るし、上でパイ生地を捏ねてもビクともしません。実はこの、とっても美味しそうに焼きあがったアップルパイ...

続きを読む

Kayak & Rock の巻

2013年夏、kayakで遊んだ後焼肉をやるという事で、Lodgeのスキレットを持っていく約束をしてたのですが、忘れまして‥‥で、チビパンでやるから大丈夫ですよ!と言われ、今日は石焼きに挑戦しようと思って!と、急遽初めての石焼きに挑戦。元祖石焼き2013年4月程よく脂が落ち、そして落ちすぎない。このちょうどいい感が最高です。木も足せるし、さらにさらにどこかでチェックしたのか?アメリカ人からはアメイジング!オーゥソン!...

続きを読む

ブログ始めましたご挨拶の巻

ブログ始めました!的なのは無いの?と聞かれまして、確かにあった方が良いかもねと言うことで少々。上のMovieは2012年の夏にせがれと一緒に登った富士山の下山Movieです。朝4時に家を出発して、富士宮口を6時発 頂上に8時着、 下って駐車場に9時少し回ったくらい。昼には家に着いて動画編集してました。この日はGoProのデビューでもあり、せがれとお喋りしながら楽しく登ってたわけですが、9合目を越えた辺りでしんどくなり、喋...

続きを読む

チタンクッカー&チタンアルコールストーブの超絶マッチングの巻

注意)Jetboilチタンクッカーは湯沸かし専用です。知らなかった‥‥。一番最初に使ったのは三浦の海キャンプ。そこでまさかの塩作り!1リットルの海水を焚いて焚いて焚いて10グラム程の塩を作りました。クッカーはチタン、鍋底のギザギザフラックスリングはアルミ製でそれぞれの熱伝導率の違いからくる、熱膨張率の違い? などなどを原因として、ギザギザが取れてしまうとのこと。やってはいけない行為の代表!とも言える空焚き状態...

続きを読む

岩登りそしてジビエ調理の巻

梅雨の晴れ間に長野県川上村廻り目平キャンプ場にて、クライミングとジビエ調理にトライしてきました!かつて、ヒグマ、エゾジカ、猪、鹿と野生動物をいただいた事はあるのですが、なかなかどうして、箸が進まず‥‥調理方法が問題なのかもしれないけれど、雄か雌か?大人か子供か?春か秋か?によって味わいも変わるし、とどめを刺した後の処理によっても変わってくるらしい。いつもは出会わない事を願うツキノワグマだけど、何の因...

続きを読む